株式會社フジクラ

  1. Home
  2. ESG
  3. 環境活動

ESG

環境

環境活動

フジクラグループ クールアース?デー?ライトダウンの実施

 フジクラグループは2010年から環境省の推進する「ライトダウン?キャンペーン」に參加してきました。
 環境省による「ライトダウン?キャンペーン」はLED照明の普及により2018年に終了しましたが、フジクラグループでは2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)から始まった「クールアース?デー」(毎年7月7日)の日に、CO2を出來るだけ排出しないことを考えるきっかけとして、引き続き「クールアース?デー?ライトダウン」としてグループ社員に午後8:00~10:00のライトダウン協力を呼び掛けています。

フジクラグループでクールビズ、ウォームビズを実施

 フジクラグループでは、環境省が推奨する夏でも快適に過ごすことのできるライフスタイルの?クールビズ(COOL BIZ)?キャンペーン、冬の暖房時の室溫を20℃でも快適に過ごすことのできるライフスタイルの「ウォームビズ(WARM BIZ)」キャンペーンに賛同し、この推進活動をフジクラグループ內に展開しています。

マイカップ?マイボトルキャンペーンの推進

 フジクラグループは、省資源?省エネルギー活動を推進しており、その活動の一つに「マイカップ?マイボトルキャンペーン」があります。これは、ペットボトルの購入や紙コップを使用を控える生活を習慣化しようとするものです。イントラネット內のCSRサイトで定期的に職場単位、また個人として「おすすめ!マイカップ?マイボトル」のコーナーに登場してもらい、キャンペーンの推進を呼びかけています。

マイカップ畫像1

マイカップ畫像2

エコキャップ収集活動

エコキャップ

 フジクラグループは、ペットボトルのキャップを集めて、リサイクルの促進、CO2の削減、売卻益で発展途上國の醫療支援を行う「エコキャップ収集活動」を進めています。集めたエコキャップは、NPO法人などを通じて再生プラスチック原料として換金し、醫療支援や子どもたちへの環境教育などさまざまな社會貢獻活動にあてられています。
 フジクラグループが、2019年度に収集したペットボトルのキャップの個數は44.5萬個です。

緑地整備

 フジクラキューブは、フジクラ本社と佐倉事業所の緑化作業?環境整備を行っています。植栽の管理やグリーンカーテンの設置などCO2削減に向けた取り組みに積極的に取り組んでいます。

シード?ボム森林再生活動に參加

 タイ王國のFETL社(Fujikura Electronics (Thailand) Ltd.)は、タイ政府が主導するシード?ボム(種爆弾)による森林再生活動に參加しました。參加者は 種子、粘土、たい肥を丸めたシード?ボムを荒れ地に放ち、森林の復活のため協力しました。

シードボムに參加 畫像1

シードボムに參加 畫像2

植林運動に參加

 イギリスのAFLE社(AFL Telecommunications Europe Ltd.)は、 NPO法人Wiltshare Wildlife Trustの進める自然保護區の保護活動に參加しました。

植林活動

幼稚園の花壇の整備

 パラグアイのFAP社(Fujikura Automotive Paraguay S.A.)は、春の訪れを祝い、地域の幼稚園の花壇に園児達と一緒に苗木や色とりどりの花を植えました。

パラグアイ畫像1

パラグアイ畫像2

PAGE TOP

超高清欧美VIDEOSSEⅩO,亚洲精品无码不卡在线播放,少妇与子乱,成在人线AV无码免费高潮水